メニュー

赤ら顔、毛細血管拡張症、酒さの治療方法とは?

[2022.07.30]

「赤ら顔」「毛細血管拡張症」「酒さ」の患者さんが増えています。

最近のトピックとしては酒さに対する外用薬が健康保険で出せるようになりました。商品名は「ロゼックスゲル」という外用剤になります。成分はメトロニダゾールという原虫に効くお薬です。ターゲットはニキビダニとされています。

赤ら顔、毛細血管、酒さは厳密に言うと、違う病変になりますけれども、重なっている方も多いです。内服・外用・レーザー治療を組み合わせて治療の中から、症状に合った治療を選ぶようにしております。毛細血管に関しては、VビームⅡ(ロングパルスダイレーザ―)が健康保険で認められています。両頬で約2~3万円の治療費用になっています。3ヶ月間隔で2~3回受けていただくと、7割前後改善される方が多いです。

患者さんを診察してて、肌状態をよくみますと、角質がすり減って、肌が乾燥性皮膚炎、もしくはバリア機能が破綻している方が多いですので、炎症を沈めるために、強酸性水の外用をおすすめしたり、抗ヒスタミン薬の内服、非ステロイド系のハイデルマート、成分はグリチルリチン(甘草)という漢方成分が含まれておりまして、医原性のステロイド性赤ら顔(酒さ様皮膚炎)を引き起こすことなく、安全に赤ら顔が治療できます。

もともと酒さにはニゾラールクリームという抗真菌剤が有効であるということで、当院ではハイデルマートクリームとニゾラールクリームを混ぜてお出しすることが多いです。

 

ピーリング、その他スクラブ洗顔等、角質を削り取るようなケア、自己療法は現に謹んでいただいております。日焼け止めクリームもなるべく使わない方がよいと考えております。日光皮膚炎とか、日光蕁麻疹がある方は日傘をさすとか、紫外線がきつい日中の外出は控えて、日が傾いてから外出するような工夫をしてくださいと案内しています。

通常、こういった赤ら顔、酒さ、毛細血管拡張症の方は2~4週に1回のペースで通院いただくとして、2ヶ月から3ヶ月程度の通院期間で7~8割程度の改善効果が得られます。

10年~15年以上前には赤ら顔の原因も十分つかめていないことから、『原因に対する治療』というのが非常に難しかったんですが、ここ数年で外用薬の進歩、レーザー治療の経験が積み重なってきて、ほぼ確実にいい治療効果が得られるようになってきています。

自己療法をしておられる方は、なるべく専門医院に受診のうえ、治療を開始されることをおすすめします。

 

 

症例紹介

左:治療前 / 右:Vビーム2回治療後
治療内容 赤ら顔(毛細血管拡張症)に対するVビーム治療
治療期間、回数 6ヶ月、約3ヶ月に1回のペースで2回照射
副作用・リスク 腫れ、赤み、内出血、水泡
費用 保険適応

 

 

(医)美咲会 ふくずみ皮フ科形成外科

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME