メニュー

毎日、「全身を念入りに洗わないこと。」が、すごく大切です!(その5) ~結局、乾燥肌からいろいろな肌病変が出現するのですよ。~

[2023.04.08]

毎日、「全身を念入りに洗わないこと。」が、すごく大切です!(その5)について、そろそろまとめ的な考察をしてみたいと思います。
   
 ~結局、感想肌からいろいろな肌病変が出現するのですよ。~

しつこく、これまでのおさらいをしておきますね。
①角質を温存させましょう。
→ピーリングやスクラブ洗顔は、一時的にすべすべ肌になりますが、長期的には乾燥肌からトラブル肌になります。

②皮脂を温存させましょう。
→肌の乾燥を予防して、カビや細菌、ウイルスの肌内部への侵入を防ぎます。

③常在菌を温存させましょう。
→十分な常在菌と皮脂と角質が連携し合って、上に書いた様々の外敵が、肌の内部に侵入するのを防ぎます。
→トラブル肌の方は、外敵が毛穴から進入し易くて、毛のう炎になったりすることが多いです。

これらの①~③で「バリア機能」を保持しているのですが、綺麗好きから生じた顔や体の各部位の洗浄のし過ぎにより、
「バリア機能」が正しく働かなくなるんですね。

その結果、どんな肌トラブルが起きてしまうのか、列挙してみたいと思います。

①乾燥性皮膚炎
②アトピー性皮膚炎
③手あれ(主婦手湿疹)
④繰り返すニキビ
⑤肝斑(両頬骨部のぼんやりとしたしみ)
⑥抜け毛が多くなる。
⑦白斑が生じる。(当院の患者さんのエピソードでたまにいらっしゃいます。)
⑧酒さ・毛細血管拡張(血管の浮き)・赤ら顔
⑨敏感肌による化粧かぶれが起こり易い
⑩髪の毛が細くなる
⑪皮膚が薄くなる
⑫肌理(肌のきめ)が損なわれて、ちりめんじわが目立つようになる。
⑬紫外線や化粧品に対する抵抗力が無くなり、慢性炎症が起こり易くなる。(赤ら顔)
⑭その結果、炎症後色素沈着(しみ)ができ易くなる。また、消えにくい。
→レーザーに対する反応が強く出すぎて、一過性の色素沈着が長引く。要するにしみ治療に抵抗性を示す。
⑮洗顔やお風呂上りに肌が突っ張り易いので、保湿剤が手放せなくなる。
⑯頭皮のフケが多くなる。→頭皮も痒くなる。
⑰毛穴が大きくなり、肌表面が粗造になる。(ピー・ド・オレンジ状態になる。)(夏みかんの皮と言う意味です。)

と言った感じでしょうか?

まさか、それほどのことは起こらないでしょう!?というお気持ちの方が多いかと思います。

ですが、毎日診療していると、そうとしか考えられない肌状態の方が続々といらっしゃいます。
そして、綺麗好きを返上して下さい!と、洗浄剤の使いすぎに注意して頂くようお願いしますと、トラブル肌がみるみる回復されるんですね。

今日は、ここまでにします。

それでは、また!


吹角 善隆 拝

HOME

ブログカレンダー

2023年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME