メニュー

高濃度ビタミンC点滴

効果

免疫力の向上(風邪予防、病気や怪我の早期回復)
美肌、美白効果、ニキビ改善
抗がん作用、鎮痛作用、動脈硬化予防

治療の目安

通常は2週間に一度の点滴で効果が望めます。
一回の点滴時間:約1時間です。
※点滴のご予約は、13時から15時の間になります。

料金のご案内

高濃度ビタミンC点滴とは

当院の高濃度ビタミンC点滴では、1回の点滴で25gのビタミンCを投与します。
これは当院の美白点滴に含まれているビタミンC1000mgに対して約25倍の濃度に相当します。
点滴によって高濃度のビタミンCを直接血管から注入することが出来るため、内服やサプリメントなどの経口摂取と比較して、体内の血中濃度を飛躍的に高くすることが可能です。
ビタミンCは、体にとって有害な活性酸素に対する抗酸化作用が強く、全身の倦怠感や疲労の回復に効果を発揮します。またリンパ球の働きを高めることで免疫力を増強させ、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防し、全身の健康維持に役立ちます。
他には、美白効果コラーゲン生成による肌のハリの改善、美容にも効果を発揮します。
また、ビタミンCは抗ガン作用にも効果的といわれており、2005年にアメリカで「高濃度ビタミンCはガン細胞を殺す」という論文が発表されて以来、高濃度ビタミンC点滴はアメリカ全土で普及しています。
日本でも最近「副作用のないガンの代替医療」として導入するクリニックなどが増えてきています。

G6PDスクリーニング検査について

G6PD欠損症の方は重症溶血性貧血発作を起こす危険性があるため、高濃度ビタミンC点滴は禁忌です。
事前にG6PD欠損症でないか検査を受けていただく必要があります。
G6PDスクリーニング検査は血液検査によって行います。

その他 受けていただけない方

  • 腎不全の方で透析中の方
  • 透析治療を導入予定の方
  • 腎機能が低下している方
  • 心不全の方
  • 胸水・腹水がある方
  • 強い浮腫のある方
  • 水分制限のある方
  • 腎結石・尿路結石になったことがある方(ビタミンCの投与により結石が出来やすくなる可能性がありますので、一度診察にてご相談下さい)

よくあるご質問

Q.どのくらいの頻度で行うのが良いですか?

A.通常は2週間1回の頻度で十分に効果が望めます。

Q.市販のビタミンCのサプリメントを大量に飲んでも効果がありますか?

A.残念ながら点滴と違って経口摂取では、血中のビタミンC濃度を一定以上に上げることが出来ないため点滴と同じ効果は期待出来ません。

Q.G6PD欠損症とはなんですか?

A.G6PD欠損症とは、伴性劣性遺伝(家族性の遺伝)による溶血性貧血症のことです。
アフリカ黒人に多く、世界で数億人の患者がいると言われています。日本人では0.1~0.5%と言われ多くはありませんが点滴による副作用が重篤であるため、当院では検査を行い、安全性を確かめた上で治療を始めます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME