メニュー

繰り返すニキビの悩みを解消

ひとり一人の肌質・生活習慣・ニキビの状態に合わせた治療で
軽症から重症のニキビまで、ほぼ 100%克服

ニキビは繰り返し出来てしまいますが上手にコントロールすれば、外用剤をちょっと塗るだけといった最小限の治療で、ニキビのないすべすべの肌を長時間保てるようになります。

ふくずみ皮フ科形成外科では肌質を改善し、ニキビを繰り返さないための根本的な治療を行っています。

あなたのニキビはどのタイプ?
顔ニキビ(乾燥ニキビ・脂漏性ニキビ)、背中ニキビ

ニキビのタイプにより治療法は異なります。

ニキビの治療は、顔ニキビと背中ニキビに分かれます。

さらに顔ニキビは、肌荒れによる乾燥ニキビ過剰皮脂による脂漏性ニキビに分類し治療を行います。一方、背中ニキビはマラセチア毛包炎であることが多く、抗真菌剤イオウ製剤でほぼ確実に治すことが出来ます。

そもそもニキビは、思春期の過剰皮脂によるものが多かったのですが、最近は「大人ニキビ」と呼ばれ、20 代、30 代の大人の女性に見られる乾燥ニキビが増えています。

※治療内容は、患者様おひとりお一人の肌質・生活習慣・ニキビの状態により、さらにどの薬を、どのぐらい、いつまで使用するかが異なってきます。自己判断で薬を止めたり、量を増やしたりしないことがニキビを早く完治するために重要です。

乾燥ニキビの特徴と治療法

洗顔によるバリア機能低下で肌が乾燥しニキビが出現

洗顔料を使用して洗顔するたび肌の潤いを保つ役割のある皮脂が洗い流され、角質層も削り取られてしまうことで皮脂を十分にキープしておくことができなくなってしまいます。結果、潤いのある理想的な肌からは遠ざかってしまいがちです。

このような状態の肌はバリア機能が低下敏感肌に偏っているため、化粧水や美容液、日焼け止めクリームなどがしみたり、赤くなったり、痒くなったりしやすくなります。同時に反応性のニキビが出現してしまいます。

ケミカルピーリングなどの施術は NG

当院のニキビ患者さんの半数は、こうした肌荒れによる乾燥ニキビで来院されます。このような場合、従来のニキビ治療薬である抗生剤の外用ではなく、肌荒れを抑える抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤の内服ステロイド剤の外用を使っての治療となります。

抗生剤の内服・外用も必要に応じて併用しますが、根本的に治す必要があるのは肌荒れの症状ですので、ケミカルピーリング等の施術は行いません。

1カ月ほどで徐々に回復しニキビができにくくなる

通常、内服剤・外用剤を1カ月ほど使用することで、肌荒れは徐々に回復に向かい、結果としてニキビはできにくくなります。

また、炎症を鎮めるため強酸性水低刺激剤・低洗浄力の石鹸の使用もおすすめしています。日焼け止めクリームに関しては特に肌荒れを悪化させやすく、デメリットばかりが多くなってしまうため、ほとんどの方に使用を中止していただくようお伝えしています。

脂漏性ニキビの特徴と治療法

思春期による過剰な皮脂の分泌が原因

思春期は女性ホルモン・男性ホルモンが急激に分泌され、皮脂が非常に多くなるため脂漏性ニキビができやすくなります。洗顔を頻繁にすることで良くなるという噂もありますが、洗い過ぎはかえって肌を痛めてしまいます。

殺菌・乾燥・消毒効果に優れたイオウ製剤

治療の基本は抗生剤・ビタミン剤(ビタミン B2・B6・C)・漢方の内服、ビタミン A 誘導体類似物質・イオウ製剤外用になります。炎症による赤みが強い場合は、少量の弱いステロイド剤を併用。鼻周囲のニキビは、皮脂の分泌を抑える抗真菌剤を併用することで、炎症・赤みを緩和させる効果があります。

イオウ製剤は 30 年以上前からある薬剤です。殺菌・乾燥・消毒効果に優れ、次々と新しく抗生剤やニキビ治療薬が開発される現代にあっても、まだまだ捨て難い、非常に優れた薬剤です。

赤み・色素沈着は IPL で 80%以上消すことが可能

痤瘡後の赤み・色素沈着にはIPL(光治療)が非常に威力を発揮します。1カ月間隔で数回、顔全体に照射することで 80%以上消すことができ、ニキビのできにくい肌質に導くことが可能です。

私が12年間ニキビ治療に携わってきて感じているのは、『ニキビ治療は恐るに足らず』という事です。理由は、ニキビのターゲットが(1)アクネ桿菌の細菌(2)ニキビダニ(3)真菌の3種類しかないからです。背中ニキビは抗真菌剤の内服・外用でほぼ完治できます。軽症なニキビも重症なニキビも、適切な処置を行えば、ほぼ100%克服できると考えています。
どんなタイプのニキビにも効く万能な治療薬などありません。大切なのは、ありふれた外用薬と内服薬を上手に組み合わせることです。一旦治ったニキビが再発した場合も、下記の生活習慣のポイントに注意する事で症状が軽くすみ、早く治すことができます。
どうか一人で悩まずお気軽にご相談ください。他クリニックで治療しているけど良くならない、悪化したという場合も遠慮なさらずお越しください。

ニキビ治療で大切な生活習慣のポイント

  1. ストレスをこまめに発散し溜め込まないようにする
  2. タバコは禁煙、もしくは 1 日 5~10 本程度まで減らす
  3. 1 日最低でも 6~7 時間は睡眠時間を確保し、24 時前には就寝する
  4. ビタミン不足にならないよう野菜や果物を積極的に摂る
  5. ラーメンやポテトチップス、揚げ物などを控える
  6. 牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を控える
  7. 納豆、豆乳、コーヒー、チョコレートなどの豆類は控える
  8. 外出時は帽子や日傘で日光を遮り、日焼け止めは刺激の少ない物を選ぶ
  9. 皮脂の分泌が活発になるオイリーな化粧品は避ける
  10. ニキビに髪の毛があたらないようにする
  11. 帰宅後はなるべく早めに化粧を落とす
  12. 刺激の強すぎる食べ物や暴飲暴食は控える

料金表

施術名 料金
ニキビ治療 保険適用可
※当日は健康保険証をご持参ください。
ビタミンA誘導体

1錠 500円(税込550円)

 

院内施術を用いたニキビ・ニキビ跡治療法

   

 

   

 

ボディのニキビ治療

 

 

※詳しくは診察にお越し頂き、医師にご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME