メニュー

炭酸ガスレーザー

詳しい料金のご案内はこちら

こんなお悩みの方におすすめ

  • シミがあって、盛り上がってる(脂漏性角化症)
  • イボがたくさんあって取りたい(青年性扁平疣贅:ウイルス性イボ)
  • 目の周りのブツブツをとりたい(汗管腫)
  • ほくろを取りたい
  • 首の周りにできた小さなイボを取りたい(軟性線維腫・アクロコルドン)
  • 足裏、手にできたイボを取りたい(尋常性疣贅:ウイルス性イボ)

炭酸ガスレーザーとは

炭酸ガスレーザーの熱で病変部を瞬時に蒸発させることができる治療です。炭酸ガスレーザーは、水(細胞)に吸収されると1200℃の高温の熱が発生します。レーザーを連続で照射すると熱損傷が大きくなり、熱傷になる恐れがあるのですが、スーパーパルスモードを利用すれば0.02秒という短い時間に区切って照射することができます。その結果、ほくろなどの皮膚深部に及んでいる病変も熱傷を起こさず治療できます。その他、脂漏性角化症のイボなどの隆起性病変の治療に適しています。さらにレーザーを照射した周辺の血管は熱凝固作用で瞬時に固まるため、出血はほとんど見られません。

炭酸ガス(CO2レーザー)レーザーの概要

治療時間

約10~30分

痛み

注射の局所麻酔を行いますので、レーザー照射時には痛みを感じない方がほとんどです。

副作用・リスク     

施術後は擦り傷、または焼け焦げた傷跡のようになります。新しい皮膚ができるまでの約2週間程度、テープによる保護が必要になります。

 

尋常性疣贅の場合

ウイルス性いぼの場合、深く照射し、しっかりウイルスの生息する部位を取り除く必要があります。したがって施術後多少の出血が生じる場合がありますので、ガーゼで圧迫固定し、血が滲んできた場合はガーゼを剥がさずにさらにその上からガーゼで圧迫固定して頂きます。治療後は患部を挙上しなるべく安静にしていただき、数ヶ月の間ガーゼ交換を毎日していただく必要があります。

 

レーザー照射部位や病態の深さによっては治癒までに時間がかかることもあります。

メイク

患部以外は、当日より可能です。患部は、つるっとした新しい皮膚ができたら可能です。

洗顔/シャワー    

当日から洗顔・シャワーは可能です。患部は擦ったりしないでください。テープが濡れた後は必ず換えの軟膏とフィルムカーゼ、テープでしっかりと保護してください。

 

尋常性疣贅の場合

止血後は入浴は禁止ですがシャワーは可能です。患部はシャワーできれいに洗い流し、軟膏を塗布しフィルムガーゼで保護します。

アフターケア

2週間後に患部の状態を診させていただきます。レーザー治療後は敏感で色素沈着しやすい状態のため直射日光は避けて日焼け止めを塗り日焼け対策をしっかりと行ってください。

 

炭酸ガスレーザーの料金表
施術部位 料金

厚みのあるシミ(脂漏性角化症)

青年性扁平疣贅(ウイルス性のイボ)   

脂腺増殖症・皮角

稗粒腫

5㎜以下 10,000(税込11,000円)
5㎜以上:1㎜につき+2,000円(税込2,200円)

汗管腫

初回60,000円(税込66,000円) 2回目以降30,000円(税込33,000円)(※範囲・密度で変動あり)

ホクロ除去

1mm~4mm 1個12,000円(税込13,200円)

5mm~9mm 1個24,000円(税込26,400円)

10mmを超えるものは1個1mmにつき+4,000(税込4,400円)

首のイボ(アクロコルドン)

1個 5,000円(税込5,500円)2個目から1個につき+1,000円(税込1,100円)

名刺大:60,000円(税込66.000円)(※範囲・密度で変動あり)

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)

1mm 5,000円(税込5,500円) 最低料金:30,000円(税込33,000円)

再発は1年以内の場合:5,000円(税込5.500円)

※上記費用の他に初・再診料、処方箋料、麻酔代、ガーゼ、軟膏代、テープ代が必要になります。

 

施術の流れ

診察

ほくろやイボなど現在の肌の状態を確認し、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)適応であるかを判断します。説明を受けた上でご希望の場合は、当日レーザーが可能です。(当日の診察状況や大きさ・数により当日できないこともあります。基本は予約でお願いしております)

麻酔

治療部位を清潔にし、注射による局所麻酔を行います。

治療

目を保護するゴーグルを装着していただき、レーザー照射を行います。

患部に軟膏を塗り、フィルムガーゼ―を付けた上から肌色のテープを貼り保護します。個人差もありますが、皮膚が回復するまでの期間、約2週間程度貼っていただきます。

尋常性疣贅の場合:患部をガーゼと包帯で圧迫固定を行います。

ご帰宅

患部以外は化粧が可能です。化粧をされる場合はメイク用品をご持参ください。

尋常性疣贅の場合:治療後は患部を挙上しなるべく安静にします。

治療後の経過

施術後2週間前後で患部の皮膚が回復してきますので、その間はテープで保護してください。擦ったりしないように注意しテープの交換を毎日行います。レーザー治療後は敏感で色素沈着しやすい状態のため直射日光は避けて日焼け止めを塗り日焼け対策をしっかりと行ってください。

尋常性疣贅の場合:イボが大きいほど治るまでに時間がかかります。診察時の医師の指示に従って回復するまでの間、処置を継続していただきます。

 

よくあるご質問

Q.レーザーの痛みはありますか?

A.レーザーの痛みをできるだけ取り除くために麻酔を使用します。照射部位に注射の局所麻酔を行いますので、レーザー照射時には痛みを感じない方がほとんどです。

Q.レーザーでホクロを取ると、どのくらいで治りますか?また、どのような処置が必要ですか?

A.皮膚が少し削られた状態になりますので、軟膏、ガーゼ、テープが通常約2週間くらい必要になります。治りかたは部位や大きさ、病態の深さによります。大きいほど治るまでに時間がかかります。

Q.再発することはありますか?

A.ホクロはレーザーで削るのには限界もあり、肉眼で確認できないホクロ細胞が残ってしまうと再発する可能性があります。再発した場合も再度レーザーで取ることが可能です。再発を心配される方には、手術で取ることをおすすめします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME