レーザー治療

[形成外科]イボ

  • イボ

冷凍法(液体窒素)

効果 イボの除去
治療の目安 1ヶ月おきに3~5回受けられることをお勧めします。

冷凍法(液体窒素)

冷凍法(液体窒素)

マイナス170℃の液体窒素で凍傷を起こし、イボを水ぶくれとして浮きあがらせる方法です。新しい皮膚が再生するにしたがって水ぶくれが黒くなり、数日後固まりとなって落ちます。 また冷凍法を行う回数は個人差があり、1回で取れる場合と数回かかる場合があります。

ふくずみ形成外科は髪と肌を治療するクリニックです。お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

  • 終わったあとは手当が必要ですか?

    処置後は消毒・ガーゼなどは不要です。そのままの状態でお帰りいただけます。

料金のご案内

※記載の料金は税抜です

施術名 施術効果 料金
液体窒素 イボの除去

保険適用可

保険適用可

※当日は健康保険証をご持参ください。

※詳しくは診察にお越しいただき、医師にご相談ください。