一般皮膚科(保険診療)

[保険診療]一般皮膚科

  • 保険診療

白斑治療

尋常性白斑について

尋常性白斑は古来よりシロナマズという俗称がつけられ、治りにくい病態として有名でした。数センチ大の大きさの色抜けが数個認められる「限局型」と、全身の広範囲に拡大する「汎発型」、更に、神経の通り道に沿って白斑が生じる「神経分節型」の3つのタイプがあります。白斑部に痛みや痒みを感じることはほとんど無く、また、人に感染することもありません。

発症の原因は、怪我・ヤケド・日焼けなど、皮膚に何らかの刺激が加わって起こるもの、自己免疫反応によるメラノサイト(色素を産生する細胞)への攻撃、その他ストレスも原因のひとつと言われていますが、今なお正確には解明されていません。また、発症する時期も幼少期、成人してからと様々で、自然に治ることはあまり期待出来ません。

白斑治療で最も有効性が高い
エキシマライトによる紫外線治療

エキシマライト

紫外線治療の歴史は

  1. UVB療法
  2. 光感作物質ソラレンを用いたPUVA療法
  3. ナローバンドUVB療法
  4. エキシマライト・エキシマレーザー

と、時代とともに新しい紫外線治療機器が誕生しました。
当院では、エキシマライトを用いた紫外線治療器であるVTRACで治療を行っています。エキシマライトは発癌性が低く、リスクが少ない306nm~310nmの波長を有しており、この紫外線を白斑部分に照射し、光刺激を与えることで色素の再生を促します。現在の白斑治療では有効性が高く安全といわれているのがこの、エキシマライトを使用した紫外線療法です。
紫外線治療は健康保険の適用が認められており、1回の治療費の自己負担額は3割負担の方で1,020円(2018年1月現在) です。

当院での紫外線治療の実際

紫外線治療

紫外線照射量は大体80mJ/㎠から開始しますが、照射翌日に軽い赤みが出るくらいが丁度良い強さとされていますので、赤みが出なければ次回から少しずつ出力を上げていきます。照射部位の反応を患者さんにお聞きしながら、最適な出力 を決定します。また、身体の部位によって反応が異なる為、出力を変えながら照射を行います。
白斑の形は楕円形から細かいものまで様々です。紫外線照射時には健康な皮膚を黒いフエルトで覆い、紫外線が白斑部位以外になるべくあたらないようにします。
1週間に1度のペースで、2~5回くらい繰り返し紫外線療法を行うと、全くメラニンが見られなかった白斑の上に、 ポツポツと点状のメラニン生成が確認できるようになります。
更に5回、10回と治療を重ねていくと、徐々にメラニンが増えて白斑の大きさが縮小していきます。治療により一度ついた色(メラニン)は滅多に消えることはありません。但し、白斑の種類によっては、稀に反応が乏しいものがあります。
回数を重ねても反応の無い場合は、植皮術(ミニグラフト)を検討する場合があります。

紫外線療法とその他治療の組み合わせ

当院では、抗アレルギー剤の内服、ステロイドや活性化ビタミンD3製剤の外用を使用します。また、顔の病変には局所の免疫反応を抑制させる目的で、タクロリムスの外用剤を併用しています。
尋常性白斑の治療は、器械の進歩により治療効果が以前より高まっていますがまだまだ数カ月~数年単位の治療が 必要な方も多く、特に広範囲の白斑などは治療が難しいという現状です。当院では紫外線療法を中心に、内服・外用を 組み合わせて治療効果をあげる事に努めています。

ふくずみ形成外科は髪と肌を治療するクリニックです。お気軽にご相談ください。

料金のご案内

※記載の料金は税抜です

施術名 施術効果 料金
白斑治療 白斑の除去

保険適用可

保険適用可

※当日は健康保険証をご持参ください。

※詳しくは診察にお越しいただき、医師にご相談ください。