ドクター紹介

吹角善隆先生

医療法人美咲会理事長 ふくずみ形成外科 院長 吹角 善隆(ふくずみ よしたか)

略歴
1993年(平成5年)3月 関西医科大学卒業
1993年(平成5年)5月 関西医科大学形成外科 入局
1994年(平成6年)4月 葛西形成外科 出向
1997年(平成9年)8月 葛西形成外科 退職
1997年(平成9年)12月 関西医科大学形成外科 退職
1998年(平成10年)10月 大阪市中央区(天満橋) レーザークリニック開業
2002年(平成12年)12月 医療法人美咲会 理事長就任
加盟団体
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本皮膚科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容医療協会会員
  • アメリカレーザー学会会員
  • 日本レーザー医学会会員
連携医療機関
  • 北野病院
  • 大阪赤十字病院
  • 淀川キリスト教病院
  • 国立病院機構 大阪医療センター

ふくずみ形成外科院長のちょっと気になるお話し

院長からのごあいさつ

天満橋のこの地にクリニックを立ち上げて、はや18年の月日が経ちました。(平成10年10月10日開院)
当時はまだまだレーザー治療が珍しい時代で、「あざの治療がどうやらレーザーで出来るらしい」との噂がごく一部で持ち上がる程度であったと思います。

開院当初は、「炭酸ガス・レーザー」、「Qスイッチ・ルビーレーザー」、「Qスイッチ・ヤグレーザー」の3台の機種から診療を始めました。その後は治療の幅を広げ、また効果を引き上げる為に新しい機械を導入し、現在では30台ほどのレーザーを疾患によって使い分けています。

また、レーザー治療がもたらす効果があざの改善だけではなく、しみやシワといった美容面でも期待出来ることに注目し、いち早くIPL治療を取り入れました。肌の見た目を改善することが、患者さんのメンタル面にも良い影響を与えることから、美容医療に関しても積極的に取り組むようになりました。 健康かつ美しい肌を育てる為に、肌トラブルの改善とレーザーを用いる形成外科、レーザーや注入などの美容治療は、当院での治療の柱となっています。

形成外科や美容には手術も欠かせない治療手段となりますが、手術に関しては、神戸大学の美容外科部門と大阪大学の形成外科教室から専門の医師を招き、高度な技術を要する難しい形成外科や美容外科の手術も行っています。大きな病院に引けを取らない診療体制を整える意気込みで、日々診療に取り組んでいます。

クリニックイメージ

略歴

所属学会

日本美容外科学会、日本形成外科学会、日本レーザー医学会、国際美容外科学会(ISAPS)、国際形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本眼科学会、日本眼科手術学会

称号・資格
  • 医学博士
  • 日本美容外科学会専門医
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本レーザー医学会専門医
専門診療科目

上下眼瞼リフト、眼瞼下垂症、フェイスリフト、脂肪吸引・注入、乳房形成、フィラー注入による顔面の若返りなど

ドクターからのひとこと

眼瞼下垂症、眼瞼のシワ取り術、フェイスリフト、脂肪注入などを中心に、美容外科手術の全般を行っています。
理想とする手術は、

  1. 自然な仕上がりで受けたことが他人にわからない手術
  2. 長期間効果が持続する手術
  3. 気軽に受けることができる手術

です。
患者さんが受けて良かったと思うような治療が行えたときは、美容外科医として最高に幸せを感じる瞬間です。

美容医療の手術療法はこの十年で大きく進化しました。顔面の解剖生理の研究が進んだおかげで、低侵襲かつ安全性と効果が飛躍的に向上した手術が次々に開発されています。手術に対しては抵抗があって当然ですが、非手術療法とは比較にならない効果が得られます。

また長い目で見て手術療法の方が費用に対する効果は高くなります。
ただし、自分にぴったりあう手術を選択することが重要です。

外面が人間社会において非常に重要な役割を果たすことは、顔学(心理学)において膨大な研究によって学問的裏付けがなされています。
外面を重要視することをあまり評価しない意見はありますが、実際は社会生活で欠かすことができない「社会的な機能」とさえ言えるものです。
そして、機能とは失うまでその重要性に気付きません。
美容医療は外面を改善させますが、その本来の目的は望み通りの形にすることではありません。外面を良くする、もしくは以前の形に回復させることにより、自分および周囲の人の心理に良い影響をもたらすことです。
美容医療は人生に喜びと力をもたらしてくれます。美容医療を上手に利用して皆様の社会生活に役立てて頂くことが私達の願いです。

略歴

所属学会

日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭蓋顎顔面学会、日本乳癌学会、日本創傷外科学会、日本再生医療学会、日本先天異常学会

称号・資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医

ドクターからのひとこと

形成外科・美容外科は、広く体表の目に見える形態に対して外科的治療を考慮する分野です。
形成外科が取り扱う疾患は多岐に及びますので、形成外科学会のホームページをご参照いただければ幸いです。
外傷、腫瘍、先天異常といった疾患はもとより美容的問題に至るまで、何でも気楽にご相談下さい。
手術の結果に対する満足度は、個々の患者さんで大きく違います。
診察では患者さんが実際に期待しているものと手術により得られるもの(あるいは失われるもの)のギャップを、可及的に縮められるよう話し合います。

略歴

所属学会

日本形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本血管腫血管奇形学会、日本創傷外科学会

称号・資格
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
  • 医学博士

ドクターからのひとこと

医師がほぼ毎日おこなっている手術も、それぞれの患者さんにとっては初めての医療行為という場合がほとんどです。
終わった時に「なぁんだ、もっと早く決心すればよかったな」と感じてもらえるような、怖くない・痛くない・苦しくないの「三ない手術」を目指したいと思います。

ふくずみ形成外科は髪と肌を治療するクリニックです。お気軽にご相談ください。