スマホ版はこちら

お悩み別メニュー「顔」
顔のたるみ
ニキビ
ニキビ跡
シミ・そばかす
毛穴
目(二重)
目(たるみ)
鼻
口元・あご
アンチエイジング
美肌
お悩み別メニュー「BODY」
痩身
首
ワキガ・多汗症治療
背中(ニキビ・シミ・毛穴)
腕(毛穴のざらつき・赤み・色素沈着)
耳(ピアス)
髪(育毛)
その他
レーザー治療
シミ
ホクロ
アザ
毛細血管拡張症
イレズミ/アートメイク除去
イボ(尋常性疣贅/アクロコルドン)
イボ(尋常性疣贅/アクロコルドン)
科目別メニュー
一般皮膚科
アンチエイジング
メディカルダイエット
美容皮膚科
形成外科
美容外科
ブライダル

今月営業日カレンダー

来月営業日カレンダー

再来月営業日カレンダー

カレンダー補足

未成年者の方へ、同意書は以下からダウンロードして下さい

通常の施術

ピアスの施術

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は下のアイコンよりダウンロードして下さい。

Get ADOBE READER

ご予約・お問い合わせ

06-6940-2678

メールでのお問い合わせはこちら

受付時間・休診日

月〜土(木曜は休診)
10:00〜19:00

日曜日(第4日曜のみ)
11:00〜17:00

住所

〒540-0012
大阪市中央区谷町1-5-6
サンユー天満橋ビル3F

お悩み別「顔」

[アンチエイジング/美容皮膚科]
 ニキビ跡(凹凸・赤み・色素沈着)/シミ・そばかす/ 毛穴/アンチエイジング

ニキビ跡シミ・そばかす毛穴アンチエイジング

フォトフェイシャル(M22)

効果 ニキビ跡(凹凸・赤み・色素沈着)・毛穴(開き・黒ずみ・脂性肌)の改善、若返り
治療の目安 3~4週間ごとに5回を1セットとして受けられることをおすすめします。

フォトフェイシャル(M22)

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)という光を用いて、肌トラブルの原因となるメラニン、毛細血管などの部分に反応させ、素肌を傷つけることなく、シミ・シワ・毛穴の開き・赤ら顔・ニキビ跡などの症状を改善していく治療法です。
また、肌のハリを保つために必要なコラーゲンを産生し、内側から美しい肌を作り上げます。
当院では平成13年3月15日よりフォトフェイシャル治療を開始し、平成20年1月現在で約3,500人の方々に受けていただきました。
平成26年から最新のフォトフェイシャル機器「M22」を導入しました。波長の選択肢が6種類に増え、照射時間などの細かい設定が可能になった為、より患者様のお悩みに合わせた治療を行うことができます。

フォトフェイシャル(M22) ・個人に合わせた細かい設定が可能
(6種類の波長・照射時間などの設定によりシミや赤ら顔の改善だけでなく、毛穴の気になる方、肌を引き締めたい方やシミと肝斑が混在している方にも受けて頂き易い)
・従来よりも大きなスポットサイズと小さなスポットサイズを使用
(全体の施術はよりスピーディに、気になる部分は小さいスポットでしっかり照射することで、より効果的な照射が出来る)

診療例(施術前〜施術後)

シミ(デラックスコース)


Before[施術前] After[施術後]

そばかす

Before[施術前] After[施術後]
Before[施術前] After[施術後]

赤ら顔

Before[施術前] After[施術後]

赤ら顔

Before[施術前] After[施術後]

赤ら顔

Before[施術前] After[施術後]
フォトフェイシャル イメージ

料金のご案内

フォトフェイシャル(M22)

ニキビ跡(凹凸・赤み・色素沈着)・毛穴(開き・黒ずみ・脂性肌)の改善、若返り


スタンダードコース

[ 1回 ]40,000円

・5回セット払い
150,000円


プラチナコース

[ 6回 ]300,000円

(特典付き 詳細は来院時にお問い合わせ下さい)


フリーパスコース

[ 1年 ]250,000円


詳しくは診察にお越しいただき、
医師にご相談ください。

料金一覧表はこちら

無料メール相談

施術に対するお悩みや、
ご意見&ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

メールフォームはこちら

よくあるご質問

施術後すぐにお化粧はできますか?
施術後から普段通りにお化粧していただけます。ただし、ヒリヒリ感やほてりがある場合は控え目にしてください。
フォトフェイシャルと他の治療を、同じ日に受けることはできますか?
治療される部位が異なれば同日に受けていただくことはできます。
施術内容によっては同じ部位でも可能な治療もありますが、お肌に負担がかかりますので、基本的には2~3週間は期間をあけていただくことをおすすめします。
ご質問についてはメールフォームにて