スマホ版はこちら

お悩み別メニュー「顔」
顔のたるみ
ニキビ
ニキビ跡
シミ・そばかす
毛穴
目(二重)
目(たるみ)
鼻
口元・あご
アンチエイジング
美肌
お悩み別メニュー「BODY」
痩身
首
ワキガ・多汗症治療
背中(ニキビ・シミ・毛穴)
腕(毛穴のざらつき・赤み・色素沈着)
耳(ピアス)
髪(育毛)
その他
レーザー治療
シミ
ホクロ
アザ
毛細血管拡張症
イレズミ/アートメイク除去
イボ(尋常性疣贅/アクロコルドン)
イボ(尋常性疣贅/アクロコルドン)
科目別メニュー
一般皮膚科
アンチエイジング
メディカルダイエット
美容皮膚科
形成外科
美容外科
ブライダル

今月営業日カレンダー

来月営業日カレンダー

再来月営業日カレンダー

カレンダー補足

未成年者の方へ、同意書は以下からダウンロードして下さい

通常の施術

ピアスの施術

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は下のアイコンよりダウンロードして下さい。

Get ADOBE READER

ご予約・お問い合わせ

06-6940-2678

メールでのお問い合わせはこちら

受付時間・休診日

月〜土(木曜は休診)
10:00〜19:00

日曜日(第4日曜のみ)
11:00〜17:00

住所

〒540-0012
大阪市中央区谷町1-5-6
サンユー天満橋ビル3F

一般皮膚科

[保険診療]一般皮膚科

美肌

真菌症治療

水虫は、真菌(カビ)が皮膚に侵入して起こる皮膚感染症の一つです。足の裏や足の指の間に出来るものが、いわゆる水虫の代表的なものです。汗をよくかく運動選手などの股間に見られる白癬症「インキンタムシ」と呼ばれます。
汗がたまりやすい女性の胸元や背中に見られる瘢風(でんぷう)瘢風菌という名前のカビが原因です。また、手足・股間・頭部を除いた白癬症を「ゼニタムシ」と呼ぶことがございます。

白癬菌が頭部の皮膚深部に侵入して炎症を起こした場合、脱毛症を引き起こすことがあります。男子学童の間で流行する頭部白癬症には「シラクモ」という名称がついています。
この「シラクモ」(頭部白癬症)を放置すると症状が酷くなり、この菌が頭部の毛穴から皮膚内部まで侵入してしまいます。皮膚内部にまで感染すると「ケルズス禿瘡(とくそう)」と呼ばれる広範囲な脱毛を引き起こす病気となります。
爪に水虫菌が感染した場合、爪が白く濁り、著しく分厚くなる「爪白癬」と呼ばれる状態になります。
風邪を引いたりして抗生剤を内服した後、2~3週間して外陰部がかゆくなるカンジダ性皮膚炎も真菌(カビ)が原因です。
以上のことから、真菌による水虫症状は、全身のどこにでも生じる可能性があります。水虫の診断は、皮せつを取り、顕微鏡で真菌の存在を確認いたします。

体部白癬(ゼンタムシ)は、環状紅斑と呼ばれる皮疹が円形から楕円形の形を取り、周囲が堤防状に赤く盛り上がるのが特徴です。また、皮疹の中央が軽い色素沈着を帯びている以外は、一見、正常皮膚のような外観を示します。
治療には、抗真菌剤の内服と外用がありますが、皮膚深部に真菌が及んでいる深在性の真菌症には、イトリゾールラミシールという名前の真菌に効く内服剤が必須となります。体部白癬や股部白癬、それからいわゆる足の水虫には、抗真菌薬のローションやクリーム、軟膏が有効です。

水虫に効果の在る外用剤には、次の4種類があります。

水虫に効果の在る外用剤

  1. ① チオカルバメート系
  2. ② イミダゾール系
  3. ③ アリルアミン系
  4. ④ モルフォリン系

①と③は、主に白癬に有効です。
②と④は白癬、カンジダ、瘢風に有効です。

当院で水虫の患者さんに注意して頂いている点は次の4つです。


水虫治療のポイント

  1. 患部をよく洗って清潔に保って頂く
  2. 水気を良く拭き取った後、皮疹のある部位だけでなく
    ふたまわり程広く水虫薬を塗って頂く。

    土踏まずや足の一部に皮疹が見られる場合には、足の裏全体に薬剤を塗って頂くことが大切です。(一見、正常に見える部分にも水虫菌がはびこっていることが多いからです。)
  3. 通気性の良いサンダル等の履物を履いて頂く。
    よく見られる患者像として、革靴を毎日履いておられる方に多く見受けられます。休みの日は、裸足にサンダル履きがよろしいかと思います。
  4. ヨーグルトやアルコール(ワイン・酒・ビール)、
    味噌、チーズなど発酵物の摂取を控える。

    発酵物がお好きな方は、体全体が水虫菌を受け入れやすい状態になっていると考えられますので、くり返し水虫に悩まされる方には、こういった食品の摂取を減らして頂くようにお伝えしております。

また、市販の水虫クリームを使用してかぶれを生じておられる患者さんが来院されることがあります。ジメジメした病変部を乾燥させる目的でクリーム系の外用剤が多く販売されていますが、クリーム基剤はかぶれを引き起こすことがあります
そこで当院では、そういった状態の方には軟膏系の水虫治療薬炎症を鎮める為に中等度のステロイド剤を混合してお使い頂くようにしております。こうすることで、湿疹と水虫を一度に治すことが出来ます。

爪水虫の方は、イトリゾールラミシールといった真菌に効く内服剤を半年程度続けて頂きます。60~70%の爪水虫は半年程度で綺麗に治せるのですが、残り30~40%の患者さんは薬剤に反応せず、新しい爪がなかなか生えてこないという状態に出くわします。
高齢の方で、爪が全く伸びてこない重症の爪白癬に対して抗真菌薬の内服が無効なことが多く、良い手立てが見つかっておらず、今後の課題となっております。

足白癬

瘢風(でんぷう)

白癬 足の裏

体部白癬

料金のご案内

真菌症治療

〈保険適応可〉

当日は健康保険証をご持参ください。

詳しくは診察にお越しいただき、
医師にご相談ください。

料金一覧表はこちら

無料メール相談

施術に対するお悩みや、
ご意見&ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

メールフォームはこちら